キレイになるために使用されているヒアルロン酸で若々しい肌に

プチ整形

ヒアルロン酸の使われ方

保湿クリーム

プチ整形の代名詞とも言えるものがヒアルロン酸注入です。 ヒアルロン酸を活用することで注射のみの施術が可能となり、プチ整形という言葉が流行りました。 これがなければ今の美容整形業界はあり得ないと言っても過言ではありません。 ただし、使われ始めた当初はほとんどがシワ取りの活用法しかありませんでした。 シワがあるところにヒアルロン酸を注入して肌を押し上げるわけです。 現在もその方法は広く使われていますが、別の用途でもヒアルロン酸が使われるようになってきました。 それは顔や体形の形成です。 アゴや鼻や唇に注入することで厚みを出すことができますし、バストに注入すれば豊胸することも可能となります。 幅広く使われるようになっているのです。

ダウンタイムと曜日

そのヒアルロン酸注入はダウンタイムは短ければ2〜3日、長くても2週間ほどと言われています。 その差は利用するヒアルロン酸量・注入する場所・体質などがありますが、パッチテストなどで大よそのダウンタイム期間が予測できます。 今後はそのダウンタイム期間に合わせた施術日程が組まれるようになるのかもしれません。 例えばダウンタイムが2〜3日ならば、仕事終わりの金曜日に施術して、土日の休日をダウンタイムに費やして月曜日には普通に出勤することができます。 そうなれば金曜日に施術が集住することとなります。 クリニック側も一週間を通して施術を分担するために他の曜日で施術すれば割引してくれるキャンペーンも行ってくる可能性も十分に考えられます